賃貸物件のお得な契約方法|家賃以外で発生する敷金や礼金を考慮して賃貸を選ぶ

家賃以外で発生する敷金や礼金を考慮して賃貸を選ぶ

見取り図

賃貸物件のお得な契約方法

女性

家賃数ヶ月分相当の節約

賃貸物件を借りるにあたっては、契約にあたっての条件等を記載した書類の提出を行うと共に、初期費用と呼ばれるまとまった金額の出費が必要になるのが一般的になっています。この初期費用は、敷金と礼金、家賃の前払い金や仲介手数料、また地震や火災などに関しての各種保険料などが含まれており、保険料以外に関しては、それぞれが家賃換算での請求をされるケースが多くなっています。たとえば家賃五万円の賃貸物件を借りる際には、敷金と礼金、仲介手数料がそれぞれ一か月分で十五万円の初期費用が掛かるといった形を取るのです。しかし、この初期費用の内訳は、必ずしも出費が必要なわけではありません。たとえば家賃の前払い金は必要ない物件が多く、またさらに礼金ゼロや仲介手数料ゼロなどの条件が、それぞれ個別や組み合わせて提供されていることが珍しくはないのです。こういった条件は、当然大幅な出費の節約になるために高い人気を誇っているのです。

築年数とゼロ物件の関係

礼金ゼロや仲介手数料ゼロなどの条件を備えた物件を探したいとお考えなら、賃貸物件の築年数に注目するといいでしょう。一般的に、賃貸物件の価値が最も高くなるのは新築された際であり、それから築年数が経過すればするほど、家賃が安くなったり、契約にあたっての条件が緩和されていくことになります。これは当然、厳しい条件を提示しても新築であれば自然に入居者が決まるためであり、物件の老朽化などに伴って、なかなか入居者が決まりにくくなってしまうためです。礼金は契約にあたって賃貸物件のオーナーに支払う払い切りの出費であるため、礼金ゼロの物件は築年数が十数年異常経過した物件において、より多く見かけられるようになる傾向にあることは、覚えておくといいでしょう。また近年は、インターネット上での検索で礼金ゼロ物件を探すことができる不動産仲介業者も数を増やしているため、上手く活用してみるといいでしょう。